一中地区地域のふれあいを広める会|1中地区コミュニティセンター

茨城県ひたちなか市1中地区のコミュニティセンター

一中地区地域のふれあいを広める会

トップページ > 実践部委員会 > 福祉部会 認知症の研修を実施!

福祉部会 認知症の研修を実施!

  福祉の促進
社会福祉協議会各支部間の連帯をはかり、地域内住民の福祉を推進します。

◎地域福祉講習会を開催  (3月22日記)

 2月27日、平成28年度の地域福祉講習会行いました。参加者は自治会を通して募集した約60人です。1中地区地域のふれあいを広める会の坂井会長はじめ、自治会長さんも何人か参加してくださいました。今回は男性が多かったように思います。

 講習会の第1部は南部おとしより相談センターの職員による「認知症サポーター養成講座」を行いました。まずテキストに添って認知症についての講話があり、その後に寸劇をとおして対応の仕方を学びました。

 第2部はヘルス・ケア・センターの職員による「健康管理の話題」の講話があり、「健康寿命を延ばすために、自分の健康は自分で守る」ことの大切さを実感しました。

 *高齢者の困りごと・心配ごとは・・・

お住まいの地域を担当する「おとしより相談センター」に相談しましょう

<勝田一中地区>

南部おとしより相談センター

 電話 029-354-5221

    住所 金上562-1(金上ふれあいセンター内)

 IMG_0177IMG_0171IMG_0161

 

 

 

 

◎福祉部会 賑わった「おもいやり市場」   (12月8日記)

 11月13日秋空の下、恒例のコミセン祭りが行われました。福祉部会では「おもいやり市場」コーナーにて、柚子味噌おでん・じゃがバターや、子供たちに人気の駄菓子・くじ引き等、そして福祉施設の手作りの陶器やクッキー等々を販売しました。いずれの商品も好評で、ほぼ完売となりました。

 微笑ましい家族連れや、お母さんやおばあちゃんにと品定めする優しい小学生の姿も見受けられました。お天気にも恵まれて爽やかな一日でした。

IMG_0095IMG_0096IMG_0097IMG_0101

 

 

 

 

◎福祉部会視察研修  (10月27日記)

 平成28年9月16日(金)1中コミセン事務局から樋熊さんに参加いただき、役員をふくめ21名により市行政バスを利用して、土浦市にある「社会福祉法人 窓愛園・児童養護施設 窓愛園」を視察研修しました。

 「窓愛園」は第二次世界大戦後の戦災孤児・浮浪児と自宅で一緒に暮らす事から始まり、昭和27年に養護施設の認可を取得して、現在では小規模グループケアユニット等を含め約60人が自立を目指して、生活しています。「かつて 子は宝だった。誰もがそう思える社会になる事を願っている。」と語る園長のお話に胸が熱くなりました。

 子供に関する事件は、残念ながら毎年増えています。今後更にこのような施設が必要とされるでしょう。地域全体で支援することが大切だと感じました

IMG_0072IMG_0068IMG_0067IMG_0064

 

 

 

 

◎「パパも参加の子育てサロン」 (平成28年6月30日記)

 6月12日(日)1中コミセンにおいて、第6回「パパも参加の子育てサロン」を開催致しました。毎年好評で、今年は19組58名の参加となりました。

 受付を済ま

。   

せたら、恒例の記念写真の撮影です。毎年参加の家族は、昨年と比べてお子さんの成長に改めて驚く事でしょう。そして、子供さんに人気のアンパンマン体操や絵本を使った「たかいたかい」など親子一緒に体を動かしました。パパのおおきなリアクションに大喜びの子供たち!笑顔と歓声があふれていました。

 最後は、手作りシチューを食べながらの懇親会。「大変な時は一人で頑張らずに、パパ・ママ協力してね。」と子育てインストラクターのりママからのメッセージがありました。

 009005007003

 

 

 

 

◎平成28度 福祉部会総会開催(平成28年6月9日記)

 平成28年5月14日(土)福祉部会総会を開催致しました。

 平成27年度の事業報告及び歳入歳出決算報告と平成28年度の事業計画及び歳入歳出予算についての審議がなされ承認されました。役員改選についても承認されて、部会長が岡田 豊勝氏が退任し大内 由利子氏が就任しました。また、構成員についても7人辞めて新たに5人が加わり総勢30人となりました。

 28年度の事業については、基本方針の「地域住民の福祉を推進し、明るい地域づくりを目指す」に基づいた運営を行います。主な内容としては、第2地区民児協と協働による子育てサロン、「特別養護老人ホーム はまぎくの里」のボランティア、地域福祉講習「認知症を学び地域で支えよう」等々を実施いたします。

<子育てサロン>

 ・「母親たちの情報交換・不安を無くす居場所の提供」を目的に下記のサロンを実施。

 ・ 月1回実施(8月は休み)

 おあしす@金上  第3水曜日  金上自治会館                                                

 おあしす@中根  第1水曜日  中根集落センター

 おあしす@長堀  第4火曜日  一中コミセン

 049033IMG_0280IMG_0282OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

◎福祉講習会を開催  (平成28年3月15日記)

   2月29日、第2回地域福祉講習会「認知症を学び地域で支えよう:認知症サポーター養成講座」を1中コミセン集会室にて行いました。参加者は第1回の講習会に参加していない方を条件に自治会をとおして募った60人です。一中地区地域のふれあいを広める会の坂井会長はじめ、自治会長さんも何人か積極的に参加してくださいました。

 講習会は南部おとしより相談センターのインストラクターによる講話に始まり、認知症のおとしよりによくある事への対応の仕方を寸劇をとおして学びました。南部おとしより相談センターの職員による寸劇は、回を重ねる毎にますます迫真の演技で、感心したり納得したりと、参加者の心に刻まれたことと思います。

 最後にひたちなか市の配食サービス受託業者による介護食の試食をして終了となり、参加者は認知症サポーターの証である「オレンジリング」を受領しました。

 *高齢者の困りごと・心配ごとは・・・

お住まいの地域を担当する「おとしより相談センター」に相談しましょう 

<勝田一中地区>

南部おとしより相談センター

 電話 029-354-5221

 住所 金上562-1(金上ふれあいセンター内)

IMG_0585IMG_0590IMG_0595IMG_0605

 

 

 

 

 

◎福祉部会視察研修!       (平成27年11月6日 記)

 9月18日(金)27人の参加により、福祉部会の視察研修を行いました。少子高齢化社会の中で、高齢者や障がい者が健常者と同様に生活できる福祉環境の整備、実現を構築していこうというノーマライゼーションの考えに基づいて、理解を深め思いやる意識の向上を図るため「社会福祉法人 新世会 みのるの郷」を研修してきました。

 「みのるの郷」は障がい者が、地域で生活したり働いたりすることを一緒に考え練習する通所施設で、平成18年に牛久市に開設されました。コーヒー豆の選別や織物、パン作りなどの作業をしていた方々が、表情も明るく意欲的に取り組まれていました。

 さらに、土浦市立博物館に於いて土浦藩土屋家の刀剣等、また「むらさき」の語源とされるつくばの醤油屋さんを見学しました。茨城の歴史にふれたひと時でした 

IMG_0295IMG_0292IMG_0290

 

 

 

 

 ◎地域福祉講習会開催   (平成27年8月24日記)

 福祉部会では、ひたちなか市南部おとしより相談センターの協力により、「認知症を学び地域で支えよう:認知症サポーター養成講座」の第1回目を平成27年6月29日(月)1中コミセンで行いました。この事業は長年実施してきた「ふれあいの旅」に代わり、今年度から始まった新事業です。

 講習会は、南部おとしより相談センターの職員による認知症についての講話・認知症の方への対応の仕方の寸劇・認知症予防の体操を行いました。介護食も用意して試食しました。職員による寸劇は、笑いあり涙ありの素人とはおもえないほど素晴らしい演技で、 認知症という重たいテーマながら和やかな雰囲気の講習会となりました。

 この事業については、今後も継続して行います。2回目は28年2月29日を予定しています。

 043037041

 

 

 

 

◎「パパも参加の子育てサロン」開催 (平成27年7月9日記)

 6月14日(日)「パパも参加の子育てサロン」が開催されました。第2地区民児協と協働し、金上・中根・長堀の3サロン合同により今年で5回目となります。今年は24組74人の参加となり、会場に入れるかと心配するほどの盛況でした。

 アンパンマン体操やNHK体操、絵本にあわせた体操など親子で一緒に体を動かしました。

「体がきつい!」とお父さん。子供たちは大喜びで歓声が上がっていました。スタッフ手作りのシチュー・バナナ・パン等を食べながらの懇親会とアッという間に時間は過ぎました。来年も来てくださいね。

IMG_0195IMG_0201IMG_0200IMG_0203

 

 

 

 

◎平成27年度  福祉部会総会開催

 平成27年5月9日(土) 1中コミュニティセンターにおいて一中地区地域のふれあいを広める会 福祉部会の平成27年度総会を行いました。議事は平成26年度の事業報告・歳入歳出決算報告および平成27年度の事業計画(案)・歳入歳出予算(案)と新規事業である地域福祉講習会「認知症サポーター養成講座」についての提案がなされ、全会一致にて可決されました。

 新規事業の地域福祉講習会「認知症を学び地域で支えよう:認知症サポーター養成講座」は長年実施してきた「ふれあいの旅」に代わり、超高齢化社会を迎える現状を鑑み家族や個人の問題でなく地域でできる福祉を推進すべく計画いたしました。詳細については各自冶会を通して連絡いたします。

 < 今年度の主な事業 >

    1. 子育て支援「パパも参加の子育てサロン」

          日時      6月14日  午前10時00分~11時30分

    場所      1中地区コミュ二ティセンター 

昨年の様子

子育てサロン

 2.地域福祉講習「認知症を学び地域で支えよう」    

     日時   1回目 :  平成27年6月29日(月)

          2回目 :   平成28年2月29日(月)

     場所    1中地区コミュニティセンター

    3.子育てサロン:第2民児協と協働実施

   各サロン月1回開催 (8月休み)午前10時00分~11時30分

     第1水曜日「おあしす@中根」  中根集落センター

     第3水曜日「おあしす@金上」  金上自冶会館

     第4火曜日「おあしす@長堀」  1中地区コミュ二ティセンター

   4.特別養護老人ホーム「はまぎくの里」ボランティア

     〇 月2回 第2・第4金曜日  喫茶「ふれあいサロン」

     〇 10月   「はまぎくの里まつり」模擬店担当

 

◎おもいやり市場 (平成27年1月23日記)

 11月9日(日)恒例のコミュニティまつりが行われました。10時の開始直後は、あいにくの雨模様でしたが徐々にあがり、各コーナーはそれぞれ賑わいました。

 福祉部会では、昨年同様「おもいやり市場」を担当しました。福祉施設の製品の委託販売は、ハートケアセンターのクッキー・心身障がい者センターの手芸品や陶器等・まちにくらす会クイナセンターのパウンドケーキ を販売しました。毎年楽しみにしている方もいて売り上げも上々でした。  

    福祉部会で準備した「ゆず味噌おでん・じゃがバター」は寒かったこともあり、好評で早々に完売しました。もちろん味もグッと。子供向けの駄菓子コーナーでは「くじ引き」が大人気で完売するまで行列ができ、時おり子供たちの歓声が上がりたいへん盛り上がっていました。

001002003004

 

◎ふれあいの旅(平成26年11月20日記)

 平成26年9月2日、今年度で最後の事業となる「ふれあいの旅」が行われました。

 少子高齢化時代をむかえ様々に変ぼうしていく福祉環境のなか、互いに助け合って生活できる地域づくりを目指し、融和・親睦を深めるとともに見聞を広めて、地域福祉に役立てようとの趣旨のもと、各地区からの参加者および役員等総勢66名で、市行政バス1台と迎えのマイクロバス2台の計3台に分乗して、栃木県の益子町にあるホテル サンシャイン益子館へと向かいました。

 途中、栃木県真岡市にある「日本一のえびす様を祭る大前(おおさき)神社」に参拝しました。大変きらびやかで大いにご利益ありそうです。そういえば、小さいころに自宅で家族とともに祝った「えびす様」を思い出しました。益子館での昼食・入浴なども、和気あいあいとした雰囲気のなかで、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 来年度は「ふれあいの旅」に代わる事業を計画する予定です。今まで以上に内容の充実した事業にしたいと考えています。

 031028

 

 

 

 

◎福祉部会視察研修 (平成26年8月5日記)

 7月1日(火)に社会福祉法人「二十一世紀会」が経営する総合的な障がい者支援施設のひとつである「きよらの郷」を、障がい者福祉に関する現状と課題を深く理解し、併せて福祉部会の活動の向上と発展に資する事を目的として、25名の参加で視察しました。

 「きよらの郷」は障がい者の就労移行支援や就労継続をすすめており、パンやジャムをつくり地域のおまつりや近隣の道の駅・農協・マーケット等で販売し好評です。ランドリーでは施設内の洗濯物を一手に行っています。また、施設内の掃除や除草・近隣の方々から頼まれれば除草や落ち葉を片づける作業もするそうです。厨房で働いている方もいました。

 「二十一世紀会」には、他にも生活介護(身体の機能回復や生活能力の向上などを目的とするもの)を中心とした障がい者支援施設や、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)施設などがあり、総合的な障がい者支援施設になっています。施設の中は、スタッフも利用者も若い方が多く活気にあふれていると感じました。

 最後に美味しいパンを買って帰りました。今回の視察研修をこれからの福祉活動に生かしていきたいと思います。

 IMG_3539IMG_3535

 

 

 

 

◎「 パパも参加の子育てサロン」が行われました!   (平成26年7月3日記)

 6月8日(日)に1中コミセンで、おあしす@金上・中根・長堀の3サロン合同による「パパも参加の子育てサロン」が行われ、15組の親子49人の参加がありました。音楽や絵本に合わせての親子体操では、パパの「たかい たかい」に大喜びの子どもたち。紙コップを利用した鉄砲をパパとママとで協力して作り、的当てゲームを親子で楽しみました。

 最後にボランテイアの方たちによる手作りのクリームシチューを、パン等と一緒にいただきました。シチューをおかわりしたいぐらいと、大変好評でした。

 ほほ笑ましい親子・幼子の元気な姿が会場にあふれていました。

 てっぷう子育てサロン

 

 

 

 

◎幼児安全法講習会が行われました。(平成26年2月20日記)

 2月15日(土)に1中コミセンで幼児安全法講習会が行われました。

    悪天候でしたが、小さなお子さん連れの親御さんや自治会の方々など、45人の参加がありました。

    「ドアに手をはさめた。」など、怪我をしたときの応急処置の方法を、ストッキングやハンカチを使って実際に親子で学び、参加者の皆さんは満足した様子で、有意義な講習会となりました。

IMG_3339IMG_3319IMG_3358IMG_3347

 

 

 

 

 

 

 

◎現在活動中の事業

  ・子育てサロン  月1回(8月は休み)

   親子が集い、情報交換や交流を深め、母親たちのストレスを無くし、くつろげる

   居場所の提供をします。

  ○各オアシスの開催日と連絡先、担当者

  ・おあしす@金上   第3水曜日  029-273-4890  武石

  ・おあしす@中根   第1水曜日  029-274-2792  永野

  ・おあしす@長堀   第4火曜日  029-274-0126  遠藤

 

◎福祉部会視察研修

・6月20日 筑西市の社会福祉法人征峯会の障がい者支援施設「ピアしらとり」で福祉部会視察研修を24名の参加で実施しました。到着し施設の見学に先立ち皆さんのつくられたおいしい「しらとりパン」の試食と飲み物のおもてなしを受けました。征峯会〈理念〉『すべてはお客様の笑顔のために』を感じる視察スタートでした。また、〈基本方針〉に沿ったスタッフの皆様の対応、地域との交流を大切にし、利用者の家族の将来をも考えての特別養護老人ホームの開設や就労継続支援事業、グループホーム、ケアホームの竣工、施設スタッフのための事業所内託児施設の設置、等〃参考になる点が多々あり今までにない施設の視察研修でした。

001IMG_0177 

           

                       

 

 

 

※ご参考「ピアしらとり」HP http://www.seihoukai.org./pia/

※「ピアしらとり」さんの視察研修では利用者の皆様、理事長はじめスタッフの皆様には

お忙しい中での訪問にもかかわらず熱心にご対応いただき心より御礼申しあげます。

  本当にありがとうございました。

 


ホームお知らせコミュニティセンター地域の話題理事会実践部委員会地域部委員会広報委員会まちづくり市民会議組織情報
Copyright© 2013 一中地区地域のふれあいを広める会|1中地区コミュニティセンター All Rights Reserved.